タイ国法律情報の会員概要はコチラ

【タイ法律Q&A】(No. 133)定款と付属定款の違いと役割

タイ法律Q&A

みなさま、こんにちは。

今回の法律相談コーナーは

『定款と付属定款の違いと役割』 

をお送り致します。

このコーナーでは会員の皆様から寄せられたご質問にお答えいたします。

過去の質問についてもサイト内でご覧いただけます。

質問

この度、新たにタイ法人に赴任してきました。

タイに来る前はインド現法で工場長をしており、

法律関連は全く分からないので、御社の法律情報は大変役立っております。

今回、タイに赴任し、会社の登記書類を見る機会がありました。

登記書類は会社の設立に関する書類というのは分かるのですが、

2つ存在し、なぜ2つ存在するのかがわかりません。

通訳に聞いたところ、一つは「定款(Memorandum of Association)」、

もう一つは「付属定款(Articles of Association)」と呼ばれる書類だそうです。

それぞれの書類の役割を教えていただきたく。

回答

タイの会社法の規定で、

続きを読むにはログインが必要です。会員の概要はこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次